Profile

2009年6月、アメリカ、テキサス州フォートワースで行われた「第13回 ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人として初の優勝を果たし、以来、日本を代表するピアニストの一人として国際的な活躍を繰り広げている。

辻井伸行

1988年東京生まれ。幼少の頃よりピアノの才能に恵まれ、98年、10歳でオーケストラと共演してデビューを飾る。

サントリーホール
全国PTNAピアノコンペティションD級

2000年にはソロ・リサイタル・デビュー。05年には、ワルシャワで行われた「第15回 ショパン国際ピアノ・コンクール」に最年少で参加し、「批評家賞」を受賞した。

第15回ショパン国際ピアノコンクール

「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」優勝後は、日本の主要コンサートホールでのツアーをはじめ、アメリカ、ドイツ、スイス、イギリスなど、数多くの国々でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、世界各国で圧倒的な成功を収めている。11年11月にはカーネギーホールでリサイタル・デビューが高い評価を受けた。12年にはアシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団の定期演奏会でロンドン・デビュー、ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団の招きによるサンクトペテルブルクの白夜音楽祭へのデビューなど、著名指揮者との共演で華々しい成功を収めた。13年には、イギリス最大の音楽祭「プロムス」への初出演が「歴史的成功」と称賛され、14年1月にはカーネギーホールでのコンチェルト・デビューを含むオルフェウス室内管弦楽団とのアメリカ&日本ツアーを行った。3月にはオペラの殿堂ミラノ・スカラ座に初出演し、ゲルギエフ指揮スカラ・フィルと共演、4月にはパリのルーヴル美術館主催によるリサイタルが全世界にインターネット中継された。11月にはヴァシリー・ペトレンコ指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィルと初共演。同じ顔ぶれで15年1月には日本ツアー。同年5月には佐渡裕指揮、トーンキュンストラー管弦楽団との共演でウィーン・デビュー。同年11月から12月にかけてゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルとのドイツ及び日本での公演が好評を博し、16年3月のドレスデン・フィルとのドイツ・ツアーは圧倒的な高評を得た。4月にはウィグモア・ホールで待望のロンドン・リサイタル・デビューを果たした。その後もオルフェウス室内管弦楽団との日米公演、ヨーロッパ室内管弦楽団との日本ツアー、アシュケナージ指揮シドニー交響楽団との豪州デビューなど、国内外で注目の公演が予定されている。

CDリリースも積極的に行い、07年、エイベックス・クラシックスより《début》でデビュー。 以来、《マイ・フェイヴァリット・ショパン》《展覧会の絵》《ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番》《チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番》《辻井伸行 カーネギーホール・デビューLIVE》《モーツァルト・アルバム》《辻井伸行 plays ドビュッシー》《ラ・カンパネラ~ヴィルトゥオーゾ・リスト!》《皇帝&戴冠式》をリリースし、いずれのアルバムもクラシックでは異例の大ヒットを記録している。最新盤は15年10月リリースの《ショパン:ピアノ・ソナタ第2番、第3番》。

11年には、幼少の頃からの自作曲や、映画やドラマのテーマ曲を集成した初の自作アルバム《神様のカルテ~辻井伸行 自作集》をリリースし、本格的な作曲家としてのデビューを飾った。15年1月にはオーケストラとの共演による自作集《マエストロ!~辻井伸行 with オーケストラ自作集》をリリース。映画《神様のカルテ》(11年公開)のテーマ曲、ドラマ《それでも、生きてゆく》(11年放送)のテーマ曲、映画《はやぶさ~遥かなる帰還》(12年公開)の映画全編の音楽、映画《マエストロ!》(15年公開)のエンディング・テーマ、人気テレビ番組《美の巨人たち》のオープニング&エンディング・テーマ(15年4月より)を手がけるなど、作曲家としても高い注目を集めている。

辻井伸行

09年「文化庁長官表彰」(国際芸術部門)。 10年、「第11回ホテルオークラ音楽賞」及び「第1回岩谷時子賞」受賞。 12年、映画《神様のカルテ》で「第21回日本映画批評家大賞・映画音楽アーティスト賞」受賞。13年、第39回日本ショパン協会賞受賞。

オフィシャル・サイト http://www.nobupiano1988.com/

(2016年4月現在)